スマートフォンが普及する前に使っていた携帯電話は、週に一回か二回の充電で十分でした。

しかし、液晶画面が大きくてバッテリーの使用が大きいスマートフォンの場合、バッテリーがすぐなくなってしまいます。結果として毎日充電をするようになり、バッテリーの劣化が進んでしまいます。スマートフォンのバッテリーの寿命は2年ぐらいと言われていますので、もし買い替える予定がないのであれば、バッテリーの交換をすることが出来ます。どこで交換すればいいのでしょうか。横浜や東京などの都市部であれば、スマホ修理店を簡単に見つけることが可能です。もし近くになくても郵送で対応してくれますので、急ぎでない時にバッテリー交換をすることが出来ます。もちろんスマホ修理店に直接持ち込んだ方が早いです。

混んでいなければ30分ぐらいでバッテリー交換を行うことが出来ます。郵送だと2日3日かかりますので、近くに店舗があれば便利だと言えます。メーカーと機種で値段が大体わかりますので、事前に確認することが出来ます。スマホ修理の専門店であれば、データを保存しながら作業をしてくれるので安心です。メーカーの正規店だと初期化されてしまうことがあるので注意が必要です。横浜近郊であれば、スマホ修理専門店がすぐに見つかるので、そのような点でも助かります。

交換手数料も正規店より修理専門店の方が安いのでいいです。どうすればバッテリーの寿命をのばすことが出来るかと言いますと、充電回数が多いほど寿命が短くなります。ですから、いつも充電100パーセントにしなければならないと考える必要はありません。もちろん、0近くになってから100にするというのもおすすめではありません。10から20%になったら80から90%まで充電するぐらいがちょうどいいです。神経質にならなくて大丈夫ですが、少し意識するだけでバッテリーの寿命が長くなります。

バッテリーの持ちが悪くなった時の応急処置として冷やすという方法もあります。熱いと逆に悪くなるので、充電しながら使用するのも良くありません。一度電源を切って涼しい場所におくだけでバッテリーがいくらか回復します。いざという時に使えるので覚えておくと助かります。あと、ケーブルを差し込むコネクタが壊れていると接触不良を起こして充電できなくなることがあるので、バッテリーが劣化しているのかコネクタが問題なのか確認してから修理するといいです。いずれにしても、横浜や東京近郊であれば、修理店が多いので修理に困ることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *