パソコンやスマートフォンが故障した場合、ハードの故障かソフトの故障か判断する必要があります。

ソフトの故障であれば、バックアップを取った後に初期化をする必要があります。ソフトの異常には無料のアプリを入れた後におかしくなったり、ウイルスが入ったりなどいろいろなことが考えられますが、初期化をすれば大体直ります。しかし、ハード面に関しては専門の修理店の助けが必要になります。スマートフォンのカメラが故障した場合で考えてみましょう。カメラの故障もいろいろありますが、ピントが合わないとかシャッターが押せないとかの故障はアプリかOSの原因が考えられますので、アプリを削除してもう一度インストールしてみたり、初期化をすることで改善されることがほとんどです。

しかし、カメラのレンズが傷ついたり、破損している場合は交換が必要になります。スマホ修理店を探すことが出来ますが、横浜周辺ならすぐに見つけることができます。持ち込みなら混み具合によりますが、空いていれば30分くらいで修理が終わることもあります。近くにスマホ修理店が見つからない場合は郵送で行うことも可能です。郵送の場合は2日から3日で修理することが可能になります。カメラが破損した状態で使用していると手を怪我してしまう可能性があるので、スマホ修理するまでテープなど貼っておけば大丈夫です。

そしてメーカーと型番で値段が変わってきますので、修理店のサイトで事前に確認することもできますし、横浜などであれば直接店に行って聞くこともできます。カメラの性能が高ければ修理費が高くなるのは言うまでもありません。そして、大抵の場合、壊れたカメラのパーツを交換すれば直りますが、別の場所も壊れている場合はさらに修理と確認が必要になることもまれにあります。スマホ修理店では修理後の6ヶ月保証も付いているので安心できます。

横浜周辺ならいつでも店舗に行けばいいですし、少し時間がかかりますが郵送でも大丈夫なので、故障がひどくなる前に修理をした方がいいです。修理は正規店がいいと思えるかもしれませんが、メーカー保証の期間を過ぎているようなら修理専門店を利用することがおすすめです。理由はデータの保存をしてくれるということです。正規店はデータを消去してしまいますが、専門店はデータを保存するように作業します。別の点は修理費が安いことですが、正規品のパーツは高いですが汎用品が必ずありますので、一度比較してみるとよくわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *