iPhoneはAndroidと比較をすると衝撃などに弱く、落下した際に画面が割れてしまうリスクが高いですし、2年程度でバッテリーが劣化して肥大化をしてくるため、できるだけ長く使い続けようとしたときには、これらの不具合を察知した時にできるだけ速やかにiPhone修理の依頼をすることで端末の寿命を延ばすことができます。iPhone修理は携帯キャリアのショップなどでは受付をしていないケースも多く、初めて修理依頼をする場合にはどこに依頼すれば良いのか分からないケースも多いと考えられます。横浜でiPhone修理をしたい場合には具体的にどうすればよいのでしょうか。まず修理依頼をする前に行っておきたいのが、内部データのバックアップを作成することです。

iCloudに対してバックアップデータの作成を許可しておけば自動的にバックアップは作成されています。しかしiCloudの無料の領域は5GBまでと少ないですし、バックアップを作成する際にはデータ容量も消費されるため、ヘビーユーザーにはあまりおすすめはできません。通信量を消費したくない場合やバックアップデータの容量が大きい場合、アナログな方法で作成したい場合などにはiTunesを利用してパソコン内にバックアップデータを作成すると良いでしょう。続いて具体的な修理先ですが、公式サポートを利用する場合にはアップルストアもしくは正規サービスプロバイダに依頼する必要があります。

横浜にはアップルストアはないため、アップルストアに依頼したい場合には川崎市まで出向きましょう。また正規サービスプロバイダですが、横浜ではカメラのキタムラなどが該当するため、AppleCare+を利用して安心・割安でiPhone修理を行う場合にはこれらのお店に問い合わせを行った上で来店して依頼するのがおすすめです。急いでいる場合や、より手軽に修理依頼したい場合には認定のiPhone修理業者を利用するのも有効です。横浜駅周辺や大型ショッピングセンターなどで営業を行っていることが多く、Appleの公式サポートではありませんが、認定の修理業者であれば公式と遜色のないサービスを受けることができます。

即日で修理対応してくれるケースも多いですし、もしもAppleCare+が利用できない場合、公式のサポートですと高額請求されるケースも珍しくないため、できるだけ安く修理したい場合などにもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *