iPhoneを使っていると故障や破損などのトラブルが起こってしまうことがありますが、こういった問題が発生したときには横浜のiPhone修理店を利用することがおすすめだと言えます。メーカーに依頼して修理することもできますが、メーカーの場合は修理期間が長い、費用が高いなどのデメリットがあるので、素早くリーズナブルな価格で直せる修理店がおすすめです。横浜のiPhone修理店を利用する場合は、基本的に1日以内で作業が完了します。端末を預けたその日に作業が終わってiPhoneを返却してもらうことができるので、スムーズな修理を期待することが可能です。

一方で、メーカーを利用すると最短でも2週間の期間が必要であり、長ければ1か月以上の期間が必要となることを理解しておきましょう。メーカーを利用すると進捗状況が不明のまま長期間iPhoneを手放すことになりますし、代替機を使う必要もあるので修理店が便利だと言えます。iPhoneを購入するときには保証サポートに加入するかどうか確認が行われたはずですが、契約していなければメーカー修理の際に高額な費用を支払うことになるでしょう。横浜のiPhone修理店の場合は保証サポートに加入状況が関係ないので、これに加入していなくてもリーズナブルな価格で直してもらうことができます。

画面の修理を行ってもらう場合を想定すると、メーカーの保証ありで4、000円であれば、保証なしでは10、000円から20、000円ほどの費用が必要となり、修理店では3、000円ほどで直すことができると知っておくと良いです。機種や問題の内容によって料金は変わりますが、同じ内容でも請求額に大きな違いがあることを理解しておく必要があります。横浜のiPhone修理店を利用する場合は、データの初期化が必須ではないという魅力も感じられるはずです。メーカーにお願いすると、事前にデータを初期化するように告げられたり、工場で初期化されたりすることがほとんどだと言えます。

修理店の場合は必要がない限り削除を行わないので、修理後に復元する手間がなくなりますし、移行ミスでデータを削除してしまうリスクもなくなるでしょう。メーカーに依頼する場合と比較しても、たくさんのメリットが感じられる方法なので、iPhoneに故障や破損などの問題が起こったときには横浜のiPhone修理店を利用することがおすすめだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *