スマホ修理横浜はスマホパネルの交換・修理を行っています。パネルが割れたまま放置すると、本体内部に水分が浸入する恐れがあります。その結果、本体に致命的なトラブルを発生させる可能性があります。画面に少しヒビが入った程度なら液晶自体が損傷していないことも考えられます。

但しヒビ割れを放置すると、それが進行して画面の割れが広がるものです。内部に水分が浸入すると、液晶自体が影響を受けたり、内部基盤が支障をきたしたりします。さらに埃なども侵入しやすくなるので、最終的にはスマホが起動しなくなるわけです。正規店に本体の修理を依頼すると、内部データは基本的に消去されます。

一方、スマホ修理横浜であれば、内部データをそのまま残して修理可能です。スマホ修理横浜はスマホの水没修理も対応可能です。スマホが水没した直後には、直ぐに電源を入れたくなるものです。しかし、その行為は絶対に避けるべきものです。

内部が濡れた状態で電源を入れると、繊細な金属部品がショートする恐れがあるからです。また、化学反応が発生して腐食や侵食が加速する可能性も高まります。その結果、本体自体が回復不可能になるケースも少なくありません。また、スマホが濡れたからといって、ドライヤー等で乾かすのもNGです。

ドライヤー等で過度な熱を加えるとスマホ内部の繊細な部品自体がダメージを受けるからです。加えて、スマホに入った水分を出そうと強く振ったりするのも良くありません。強く振ることで、内部に侵入した水分が広がる恐れがあるからです。それ故、スマホを水没させた場合は、速やかにスマホ修理横浜に相談するのが良い方法です。

スマホ修理横浜はスマホのバッテリー交換に迅速対応します。バッテリーは消耗品であり、使用期間や使用環境によっても寿命が左右されます。バッテリーの使用回数が多ければ多いほど、寿命は短くなるものです。極端に使用頻度が多ければ数か月から1年ほどで寿命となることもあります。

そうなれば、新品時の半分くらいしか充電できなくなります。バッテリーは水没によっても寿命が短くなります。現在のバッテリーはリチウムイオン型なので、水分に弱いのが特徴です。そのため、わずかな水分でも腐食することがあります。

腐食が進行すると液漏れや破裂につながる恐れもあります。それ故、バッテリーに水が入ったと感じたら、直ぐに同修理店に相談するのが安心です。また、通常の使用でバッテリーの持ちが短くなった場合も同様です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *